トップページQ&A
  
 


 
 Q1
アピアシリーズって何ですか? A.希塩酸水溶液(食塩を含まない)を電気分解して殺菌、除菌、消臭効果のある電解水を作る装置です。 
 
 Q2
殺菌用の水を作るには装置以外に何が必要ですか? A.水と希塩酸水溶液(3%、9%)と僅かな電気です。
 
 Q3
どうしてそんなに安いの? A.アピアシリーズは殺菌水を作るのに最低限必要な要素のみで構成されています。これが低価格の理由です。なおこの方式は特許申請中ですので他社はまねできません。
 
 Q4
市販の次亜塩素酸ナトリウムとどのように違うのですか? A.市販の次亜塩素酸ナトリウムは流通時に分解しないように苛性ソーダを添加して強アルカリ性にしてありますので、使用濃度でもpH8.5以上のアルカリ性です。微酸性電解水は希塩酸水溶液を原料にして生成されますので生成液はpH6前後程度です。アルカリ性が強くなると殺菌効果のある成分(遊離次亜塩素酸)の比率が急激に低下します。従って、微酸性のほうが遥かに強い殺菌効果をもっています。そして低い塩素濃度で使用できるため、安全性も高くなるのです。また、次亜塩素酸ナトリウムの原液のように危険な薬品を保管したり取り扱う必要もありません。
 
 Q5
どのような菌に効くのですか? A.一般的な細菌には瞬間的に効きます。また、厄介な芽胞菌にも常温45ppm前後での不活化を確認しています。逆性石鹸やアルコール等では除菌できない菌も微酸性電解水なら除菌できます。
 
 Q6
大腸菌O-157 や MRSA、VREなどに対してはどうですか? A.極短い時間で殺菌できます。
 
 Q7
ウイルスに対してはどうですか? A.微酸性電解水の殺菌成分は遊離次亜塩素酸ですので、基本的にはウイルス失活効果があります。但し、個々のウイルスに対する失活力の大小はその都度試験が必要です。
当然ですが人体内に浸入したものには効果はありません。ウイルスの失活効果はアルコールや過酸化水素などの塩素系以外の一般的な殺菌剤では見られません。
 
 Q8
水の有効性の確認方法は? A.市販されているよう化カリウムでんぷん紙や塩素試験紙などを使うのが最も簡便です。
もう少し正しく調べたい場合は専用の比色法や滴定法があります。
 
 Q9
微酸性電解水はどれくらい保存できますか?
また最適な保存方法は?
A.蓋のできる容器で直接日光を避けて保管してください。望ましいのは不透明のプラスチック容器で冷暗所に保存する方法で、半年~1年程度の保存実績があります。なお、保存した微酸性電解水を使用する場合は、念のため試験紙で有効塩素濃度を確認してからご使用ください。
 
 Q10
安全性はどうですか? A.次のように極めて安全な水です。
 ・微酸性電解水は、厚生労働省が食品添加物を希釈したものと同一であると認めた生成方法と成分の基準に合致していますので、食品を直接洗浄しても安心です。
 ・肌に触れても危害を及ぼすことはありません。
 ・誤って飲込んだ場合でも危害を及ぼすことはありませんが、念のため水道水を飲んでださい。
 ・低い塩素濃度で殺菌効果があり、食品と接触した場合でも微酸性のためクロロホルム等の有害物生成による危険がなく安心してご使用できます。
 ・他の殺菌剤のように危険な薬剤を保管、取り扱いの必要がありませんので安心です。
 
 Q11
どのようなものに使えますか? A.次のようなものの殺菌・除菌・消臭に最適です。
 ・食品(野菜、魚、肉)等
 ・食器、調理器具(まな板、包丁、ふきん、 ざる、バット、ボール)等
 ・食品機械、タンク、配管、容器
 ・育種用種子
 ・居室、病室、ベッド、キッチン、バス、トイレ
 ・玩具、遊具、ペット小屋やケージ、さらに洗濯の濯ぎ水として使うと、洗濯機のカビ防止や洗濯ものの臭いの防止にもなります。
 
 Q12
どのような使い方をしたらいいでょうか?また、そのときの注意事項を教えてください。 A.微酸性電解水は塩素濃度が低いため、水が汚れると効果がなくなってしまいます。できる限り流水やシャワーの状態で使ってください。桶などを使う場合は常時新しい水を追加するようにしてください。また、雑巾などで清拭する場合は、予め洗剤で良く洗った清浄な雑巾を使って、拭き取った後の雑巾も別の清浄な水で洗って良く絞り、微酸性電解水で濯いでください。使用前や使用中にテストペーパーで効果を確認してください。
 
 Q13
どのようなとき故障と考えたらいいでしょうか? A.通常通り一定時間で電解が終了した後、生成水を付属のテストペーパー等で確認してみてください。反応が無いか極めて弱いときは故障の可能性があります。このとき、希塩酸水溶液の入れ忘れが無かったことも確認してください。